【Google Cloud Associate Engineer】 Gcloudコマンド

Gcloud

  • ほとんどのGCPサービスはCLI(コマンドライン)から管理する事が可能
    • Compute Engine Virtual Machine
    • マネージドインスタンスグループ
    • データベースなどなど
  • 作成・削除・更新・読み込みやデプロイのようなアクションも可能
  • 特定のCLIツールを持つサービスがある
    • Cloud Storage – gsutil
    • Cloud BigQuery – bq
    • Cloud Bigtable – cbt
    • Kubernetes -kubectl

gcloudの準備

  • インストール
    • GcloudはGoogle Cloud SDKの一部
      Cloud SDKはPythonを必要とする
    • Cloud Shellで使用することもできる
  • GCPへの接続
    • gcloud init -gloudを初期化または再初期化
      gcloudがあなたのユーザーアカウント認証情報を使用することを承認
    • gcloud config list -アクティブな構成のすべてのプロパティを一覧表示

gcloudのconfig set

  • アクティブなConfigrationにプロパティを設定する
    • gcloud config set compute/region us-east2 -regionの設定
    • gcloud config set compute/zone us-east1-b -zoneの設定
    • gcloud config list -一覧
  • 構文:gcloud config set SECTION/PROPERTY VALUE
    • SECTION: coreまたはcompute
    • PROPERTY: プロジェクト、リージョン、ゾーン
    • SECTIONはデフォルトではcoreなので、指定しなくても良い
      • gcloud config set (core/)project VALUE
    • gcloud config set –help で詳細確認
  • gcloud config unset で解除

 

Configurationの管理

  • gcloud config configurations create/delete/describe/active/list
    • 新しい設定の作成:gcloud configurations create NAME(dev)
    • 設定の有効化:gcloud configurations active NAME(dev)
    • コンフィグの一覧:gcloud configurations list

gcloudコマンドの構成

  • gcloud GROUP SUBGROUP ACTION
    • GROUP:どのサービスを使用しているか(config, compute, container, dataflow, functions, iam,…)
    • SUBGROUP:どのサブグループを使用するか(instances, images, instance-templates, machine-types, regions, zones,…)
    • ACTION:どうするか(create, list, start, describe,…)
    • gcloud compute instances list
    • gcloud compute machine-types list –filter=”zone:us-central1-b”
    • gcloud compute machine-types list –filter=”zone:(us-central1-b europe-west1-d)”

Cmpute Instanceの作成

  • gcloud compute instance create [NAME]
  • オプション
    • -machine-type (デフォルトは n1-standard-1 – gcloud compute machine-types list)
    • –custom-cpu –custom-memory –custom-vm-type(n1/n2) (カスタムマシン)
    • –custom-cpu 6 –custom-memory 3072MB –custom-vm-type n2
    • –image または –image-family または –source-snapshot または –source-instance-template または –source-machine-image (ベータ版)
    • –service-account または –no-service-account
    • –zone=us-central1-b
    • -tags(タグのリスト – VMインスタンスに適用されるネットワークファイアウォールルールおよびルートを許可する)
    • –preemptible
    • –restart-on-failure(default) –no-restart-on-failure –maintenance-policy(MIGRATE(default)/TERMINATE)
    • –deletion-protection –no-deletion-protection(デフォルト)
    • –metadata/metadata-from-file startup-script/startup-script-url
      • –metadata-from-file startup-script=/local/path/to/script/startup OR –metadata startup-script=”echo ‘hello world’””.
    • –network –subnet –network-tier (PREMIUM(デフォルト)、STANDARD)
    • –accelerator=”type=nvidia-tesla-v100,count=8″ –metadata=”install-nvidia-driver=True” (GPU)です。

リージョンとゾーンの設定と優先順位

  • Option1(一元化設定):gcloud compute project-info add-metadata –metadata=[google-compute-default-region=REGION|google-compute-default-zone=ZONE]
  • Option2(ローカルなgcloudの設定):gcloud config set compute/region REGION
  • Option3(コマンドに指定):gcloud compute instance create [NAME] –zone or –region
  • 優先順位:OP3 > OP2 > OP1

コマンドの一覧と説明

  • list:リソース集合をリストアップするために使用
    • gcloud compute image/region/ zones/disk-types list
    • いくつかの共有のオプションがある
      • –filter=”zone:VALUE”
      • –sort-by (NAME, ~NAME)
      • gcloud compute images list –sort-by NAME –filter “PROJECT:(windows-cloud ubuntu-os-cloud)”
  • describe:特定のリソースを記述
    • gcloud compute images describe ubuntu-1604-xenial- v20210203 –project ubuntu- os-cloud
    • gcloud compute regions describe us-central1

Compute Instanceの操作

  • gcloud compute instances list/start/stop/delete/reset/describe/move
    • gcloud compute instances start example-instance
    • gcloud compute instances stop example-instance-1 example-instance-2
    • gcloud compute instances move example-instance-1 –zone us-central1-b –destination-zone us- central1-f
      VMのゾーンを移動

インスタンステンプレートの操作

  • gcloud compute instance-templates create/delete/describe/list
    • gcloud compute instance-templates create INSTANCE-TEMPLATE:インスタンスの作成
    • –source-instance=SOURCE_INSTANCE
      –source-instance-zone (どのインスタンスからテンプレートを作成するか?)
    • gcloud compute instances create [NAME]で使われるオプションのほぼ全てをサポートしている
  • gcloud compute instances create my-test-vm –source-instance-template=my-instance-template- with-custom-image
    インスタンステンプレートを使用してインスタンスを作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です