【おすすめ】ギフト券のオンライン買取・販売はGiftissue

今回、新しい形のギフト券買取・販売サイトの「Giftissue」を紹介したいと思います。

電子ギフト券の売買ならGiftissue

オンラインギフト券買取・販売はGiftissue

1.Giftissueのメリット

・Giftissueの最大の特徴は取引がC to C

例えば、Amazonギフト券1000円分の買取・販売を考えてみましょう。

通常、店舗を構える場合、売りたい人からAmazonギフト券を買取、手数料を加えた金額で販売します。ですので、大量在庫を抱えやすく、あまり高値で買取しません。しかし、Giftisuueの場合は店舗を持ちません。ですので買い手が見つかり次第、売り手が買い手にAmazonギフト券を送ることで買取が成立します。なので、リストが少なく、在庫を抱える必要がありません。ですので、手数料が他のギフト券の買取・販売サイトに比べると安いのが特徴です。

・直接、ギフト券のやり取りを行わない

通常、店舗を構える店の場合は、ギフト券を郵送で送る必要があります。しかし、Giftissueの場合、QRコードやPINコードなどの情報で買取・販売を行っているため、直接的なもののやり取りを行う必要がありません。そのため、購入から使用出来るようになるまでの時間が短いのがGiftissueの特徴です。

2.Giftissueのデメリット

・直接取引のため買い手が見つかるまで、買取が成立しない

C to Cであるため買い手が見つからない以上は販売することが出来ません。販売価格は、出品者が決めることが出来ますが、高すぎると買い手が見つかりません。相場を見て、適切な価格にする必要があります。

・買取・販売できるギフト券の種類が少ない

バーコードタイプやQRコードなどで買取・販売を行っているため、そのようなギフト券しか取り扱いがありません。ですので、券そのものが必要な商品券などの買取・販売をすることが出来ません。とはいえ、そもそも汎用性の高いギフト券が多いので、メジャーなギフト券は、買取・販売をすることが出来ます。

どんな人が利用する?

Giftissueで買取・販売が多いのはAmazonギフト券とiTunesカードなどです。この2種類のギフト券はよく、懸賞や応募特典なのでよくもらいますよね。普段、このようなギフト券をなかなか使わない人が持ってくるケースが多いです。
C to Cで取引をしているため、手数料が少なく、高く販売し、安く買取できるのがGiftissueの特徴です。そのようなサービスをお求めの方にピッタリですね。詳しくはこちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です